トップへ戻る
神戸国際会館こくさいホール 初のリニューアル工事完了&防災フェスティバルを初開催

防災フェスティバル『避難訓練コンサート』を初開催
~神戸国際会館こくさいホール リニューアル工事を記念して~

1999年に開館した神戸国際会館こくさいホールは、最新の音響設備の導入、カーペット・座席の一新を始めとした、開館以来初めての大規模改装工事を行い、本年3月12日(日)にリニューアルオープンを致します。
このリニューアルにより、これまで以上により快適に非日常を味わって頂ける空間となりました。また、阪神・淡路大震災より22年を迎え、改めて防災意識を見直すことが重要と考え、これらを広く市民の方に体験し、知って頂くために、初めて、1,000名のお客様を無料招待し、コンサートの本番中に災害が発生する想定での「避難訓練コンサート」3月28日(火)に行います。
同時にホールロビーやセミナーハウスでも、参加型のワークショップやパネルディスカッションを多数予定し、避難訓練コンサートだけでない、『防災フェスティバル』と銘打って開催いたします。
企画にあたっては、神戸国際会館と、「子育て世代」防災啓発プロジェクト検討会議のメンバー(神戸市や、市内のNPO・企業・学生・地域などで組織)や神戸学院大学も加わり、地元神戸の産官学が連携し、震災を経験したメンバーだからこそ出来る、神戸らしい防災イベントとなります。

リニューアルのポイント

スピーカーの更新

ロンドンMARTIN AUDIO社のMLAシステムを導入。従来の音響システムとは異なり、前後・左右・上下と全てのポイントで均一に音を生み出すことが出来る革新的なスピーカーであり、 これまでより優れた音響空間のご提供が可能となります。

来場者の利便性向上

館内トイレ全てにウォシュレットを導入し快適性を向上。時代に合わせて洋式便器数を増やし、お客様の待ち時間も軽減されます。加えて、おむつ交換台を多目的トイレに増設しました。また、ホール内座席番号の案内サインを見直し、お客様には以前よりスムーズにご着席頂けるようになります。

館内のカーペットと座席を一新

1999年の開館以来初めて、カーペットを全面更新し、より高級感があり清々しい空間と快適な歩行環境に。そしてホール内座席は新しい座面クッションにより座り心地が向上し、座面動作時のバネ音も今まで以上に静かになりました。

防災フェスティバルの内容

避難訓練コンサート

第1部
神戸学院大学吹奏楽部による演奏会

シンフォニック&マーチングバンドとして、コンクールや演奏会の他、地域に根ざした演奏にも積極的な吹奏楽部。当日は、日常に耳にする親しみある曲を楽しく演奏します。

第2部
防災博士の挑戦状

NPO法人プラス・アーツと劇団KIOのコラボレーション企画。頭と体を使って防災の知恵を楽しく学ぶ体感型演劇プログラムです。今回は、ステージ型の新プログラムで実施します。

第3部
チキン ガーリック ステーキによるコンサート

日本初のア・カペラグループとして1990年に神戸で結成。卓越した重厚なハーモニーとオリジナリティあふれるトークで、人々の心をあたため続けています。当日は神戸学院大学吹奏楽と共演も行います。

避難訓練コンサートは、上記3部構成となっており、第1部の演奏途中に災害が発生し、実際に避難をして頂きます。
同時に下記の通り、こくさいホール内ロビーで、小さなお子様でも楽しみながら防災に触れて頂ける体験ブースを複数ご用意しており、開演前休憩時終演後に体験して頂くことが出来ます。
また、終演後に別会場の9階セミナーハウスでは、「子育て世代」防災啓発プロジェクト検討会議のメンバーによる防災に関するパネルディスカッションも予定しております。

ロビー 体験ブースのコンテンツ(予定)

当日13:00の開場時から開演前、休憩時、終演後にロビーにて開催しておりますので、是非お越しください。
(注)ご応募の上、当選された方のみ体験いただけます。

災害食試食コーナー
神戸学院大学 栄養学部

災害時における食および栄養問題をテーマに栄養学部の有志学生が、災害食試食の提供と共に、災害時の食事に役立つレシピの紹介を行います。その他『学生消防団』『防災女子』等、学生団体が取り組んでいる防災や災害支援の活動もパネルで紹介します。

ローリングストックのご提案
コープこうべ

緊急時に使える食材をストックし、日常のくらしで使って補充を繰り返す「ローリングストック」の賢い方法とアレンジレシピをご提案。
コープこうべのキャラクター、「コーピー」も来場します。

レスキュー隊の紹介コーナー
神戸市消防局

日頃、身近に感じることのないレスキュー隊員の実態と実績をご紹介。
また、子ども用の防火着の着装体験や写真撮影コーナーも設置します。

サンドアートによる避難啓発動画の放映
神戸市

神戸市が昨年制作した、土砂災害から命を守るための適切な避難行動についての啓発動画。
「避難勧告!その時、どうする?」を放映します。

子どもの体験ワークショップ
「子育て世代」防災啓発プロジェクト検討会議

身近な防災グッズの作成を体験できるワークショップや、備えたくなる防災グッズを展示・紹介します。
また、KOBE防災ポータルサイト「SONAE to U?(そなえとう)」の PRと防災意識を高めてもらうため、神戸市が製作した啓発グッズ 「備え糖(そなえとう)」を来場者に配布します。

セミナーハウス パネルディスカッション

避難訓練コンサート終了後に、別会場の9階セミナーハウスにて開催します。

内容

「子育て世代」防災啓発プロジェクト検討会議のメンバーにより、子育て世代が『楽しく』『気軽に』触れ合える災害への備えや防災啓発をテーマに、パネルディスカッションを行います。

来場者特典

パネルディスカッションの最後に、抽選を行い、株式会社フェリシモのオリジナルグッズを提供する予定です。

イベント情報

  • 名称:防災フェスティバル『避難訓練コンサート』
  • 日程:2017年3月28日(火)13:00開場
    14:00開演~16:30終了予定

    ※ロビー体験ブースは13:00開場時より開催しております。是非早めにお越しください。
  • 会場:神戸国際会館こくさいホール
  • 入場料 :無料

応募方法

はがきとインターネットの2種類の応募方法になります。
【はがきでお申し込みの場合】
3月8日(水)必着
往復はがきに住所、氏名、年齢、参加人数、電話番号、返信面に返信先を明記し、
〒651-0087 神戸市中央区御幸通8-1-6、神戸国際会館「防災フェスティバル係」へ。
※応募多数の場合、抽選といたします。抽選の有無にかかわらず、返信用はがきで結果をお知らせします。
※当日、当選はがきと引換に指定席をお渡しします。(お席はお選び頂けません、予めご了承ください)


【インターネットからお申込みの場合】
2月10日(金)10時から受付開始
専用ページから、氏名・年齢・参加人数・メールアドレスを入力の上、ご送信頂きます。
※応募多数の場合、抽選といたします。抽選の有無にかかわらず、メールにて結果をお知らせします。
※定員に達した場合、期日までに受付を終了する場合がございます。予めご了承願います。
    以下の注意点をご確認下さい。
  • ≫ 避難訓練では、ホールスタッフ誘導のもと、避難階段を使いご自身でホール外部へ避難して頂きます。
  • ≫ 避難の際は、最長で建物の9階から地下1階までを階段で降りていただきます。歩きやすい安全な履物で服装や体調には、各自ご注意願います。
  • ≫ ご来場頂く際は、必ず開演時刻までにお越しください。第2部・第3部のみの入場はできません。
  • ≫ 車いす席希望の方は、事前にお電話で問い合わせ願います。
  • ≫ 写真撮影、録音、録画はご遠慮願います。
  • ≫ 主催者、関係者にて記録のため撮影を行います。記録した映像は、避難訓練の実例として、HPや講演会等で使用する場合がございます。予めご了承願います。

事前告知

ホールリニューアルこけら落とし公演

「にこいち」We are NIKOICHI. ~すべてを背負わんといて?ほら、僕に半分預けて?~

リニューアル後、最初の公演は、コープこうべキャラクター「コーピー」のテーマソングも手掛ける神戸在住アコースティックデュオ「にこいち」。
2015年メジャーデビュー。シングル2曲が立て続けに映画主題歌にも選ばれた。
昨年3月開催したワンマンコンサートで惜しくも果たせなかった、こくさいホールを満員にするため、リベンジ公演を開催!

■公演日:2017年3月12日(日)
■開演時間:16:00開演
■入場料:全席指定4,800円(消費税込)