COLUMN コラム

みなとまち神戸

「みなとまち神戸」‥‥よく、神戸を表現する際に使われる言葉です。
神戸国際会館も、そんな神戸にある施設として、海を感じさせる演出がされていることを皆さまご存じでしょうか。
 
商業施設SOL
地下商業施設「SOL」は、地下にあることから、海の中をイメージして作られています。
そのため、柱タイルは様々な色合いのブルーのタイル(写真)でつくられ、「青」1色では表現できない海の色を表しています。



そして最も特徴的なのは壁と床タイル!
床タイルはSOLのために特別に焼いて作ったものです。
地下1階(写真上)は白い貝殻が埋め込まれ、地下2(写真下)は貝だけでなく、カラフルなガラスを一緒に入れて焼きあげることで海の底のきらめきを表現しています。





写真ではタイルがひかる美しさを表現しきれませんでした。残念です。
 
また、SOLの壁は今もカナダで活躍されているアーティスト「MOSSLAM」さんが、遠路はるばるカナダから訪れ、日本の壁塗り職人と作りあげた作品です。SOLの壁の模様は海の中に浮かぶ泡をイメージしています。
 

ぜひ一度興味のある方は、そういった視点からも神戸国際会館SOLに注目してみてください。

その他のコラム